FC2ブログ

Le grand bleu.


その日 東京は朝から激しい雨だった

未明に降り始まった雨は まるで終わりを知らないくらいに 泣くことをやめなかった


御主人様からのmailを受け取ったのは 朝の早い時間で 光るiPhoneの画面を見た時には 一気に胸の鼓動が早くなっていくのがよく分かった

同時に熱いものが込み上げて全身を駆け抜けていく


夜から一緒に海に行くか?


御主人様からのmailは そのひと言

私が 御主人様に飼っていただいて間もない頃 何度かお供させていただきたいと  強く申し出た場所で 当時は一度も同行を お許しいただけなかった

今は 多くを語らずとも お供させていただけなかった理由は簡単に理解できる

飼っていただいたばかりの本物の未熟極まりない奴隷である私には 御主人様を危険に晒してしまう可能性を多分に含んだ無知さと愚かさのために奴隷としての信用は皆無だった



小雨のぱらつく駅に着くと既に御主人様はいらしていて 初めて御主人様のお車の助手席に

なんてことなのか...

夢なのか現実なのか まったく区別がつかなかった


潮の香りがする...

胸の高まりは止まない

車内は御主人様のお好きな曲がかかり 運転される御主人様は初めてお見受けする御主人様のようで緊張で身体が強張る


ありがとうございます


なんだ?


お声をかけてくださって 本当にうれしいです


ずっと行きたいって言ってたもんな


はい 本当に...ありがとうございます



満月

まだ切れぬ雲の隙間から顔を覗かせる満月は 的確に御主人様と私だけを照らしている

真夜中の海は静かで湖の様に穏やかで眠っているようだった

水面が近い

吸い込まれてしまいそう

それでもいいという思いが湧き 透明な海水と潮の香りで感激が増していく

5年半 躾けていただいて育てていただいて ようやくたどり着けた御主人様の大切な場所

雨雲が切れて宝石の様な星が顔を出し 満月は海の底までも照らしている

美しい夜だった


月明かりの中 御主人様は船着き場で一度 味わってくださった後に

海中に垂れている釣り糸を眺めるのを休んで堤防で味わってくださった

御主人様のペニス様は固く大きく熱く

私のおまんこは乾くことを知らず 一晩中涎を垂らし続けていた

何もかもが夢のようで 御主人様が私を呼ぶ声さえ 何処か天から聴こえているように感じている

時間を止めたかった


ご奉仕をさせていただいている時には殊更そう願った

御主人様のペニス様をずっと口に含んでいたかった

私の頭を 私の髪を思い切り鷲掴みにしてくださりしてくださるイラマチオは嬉しくて現実の世界を忘れるほどだった


御主人様の持ち物として 直ぐに手の届くところに 直ぐに味わっていただけるところに お傍に置いていただける至福

御主人様により近い場所で 御主人様の温かさを感じながら 御主人様の息遣いを感じながら


奴隷として どれだけの寵愛を受けているのか

奴隷として どれだけ大事にしていただいているのか

この あまりに素晴らしい夜に あまりに素晴らしい夜明けに あまりに素晴らしい朝陽に 生涯の行く末を 私の人生を捧げるべきお方は この方だけであると痛感する


私は 御主人様の奴隷として生きるためだけに この世に生まれた

その言葉に限る


















スポンサーサイト

COMMENT

承認待ちコメント -

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.09.11(Sun) 08:41 |
- 望月繭子*

はい。
御主人様。
ありがとうございました。

また お供させてください。

2016.09.12(Mon) 22:51 | URL

↑