FC2ブログ

春が来る



来月になると 御主人様に奴隷としてお飼いいただくこととなった記念日を迎える
5年

お前は俺に仕えて何年になる

5年です

5年でやっとこれか

先日の逢瀬の中で ご奉仕をさせていただいていた際に御主人様が仰ってくださった
ご奉仕のフェラチオはとても達者とは言えず ずっと 難しいご奉仕だと考えていた
ここ数回の記事で こんなにも毎回ご奉仕のことについて書き記すのかというと
御主人様のペニス様へのご奉仕は 私自身が堪らなく感じるもので 想像を超えた快感と快楽を呼んだのだ
ご奉仕している最中でも 自然と歓喜の声が上がり どうにも興奮が止まず だらしのないおまんこからは涎がダラダラと絶え間なく流れ続ける

私は 本来寂しがりで独りでいることも耐えられないタイプの人間だった
私の性の放浪は寂しさが原動力だったように思う
例えば 寂しい夜に少しでも関わりがあれば男は簡単に誘いに乗った
夜の遊び場などほとんどない田舎に 女の誘いを断る男はいなかった
寂しさを紛らわすのに 人の肌の温もりは丁度よく 後腐れなく一人一人を交わっては交わしたつもりが 田舎の暇な男達の性欲は止まらなかった
結果 何人もの男達と同時に交わることになっていった
大体 日に2,3人 簡単に交わる私を求めてくる男は絶えず現れ 消えていく者も 思い出した頃に不意に顔を見せて私の体を求めた
あの頃 なぜ 男達に簡単に体を許したのか
ただただ だらしなかったのか
何かを求めていたのか
浅はかな男ばかりだったし 誰も私に快楽を与えず自らの快楽を私で果たし満足すると帰って行った
家庭がある男はみな家庭に帰って行くが 独占欲だけは私を支配して根拠のない強い気持ちに苛立つことが多かった
好きでもない男へのフェラチオは大嫌いだった
それでも アルコールの入った体の勃起しないペニスを無理に私のおまんこに突き刺すためにはフェラチオをせがむ
嫌だった 本当に嫌だった
匂いや形 口に当たる感触 すべてが嫌だった
フェラチオに なんの思い入れもない ただ快楽に導くために使う手段としてしか考えない男達に嫌気がさした時に 求められても2度とフェラチオをしなかった

御主人様にお仕えして ご調教を施していただくことが叶って 私は幸せの中にいた
ペニス様へのご奉仕は なかなか上達できず 本当に悔しかった
あの頃 嫌だ嫌だと思っていたから上達できないのか
それとも あの頃に嫌だと思ったペニスをもっと咥えておけばよかったのか
昨年の衝撃の一夜が明けて 私はどうにも消化しきれない心中が苦しくて御主人様に逢瀬が叶うよう願い乞うた
その日に御主人様は

もっとうまくなって 俺を喜ばせてくれ

と仰ってくださって 笑顔で私の髪を撫でてくださったのだ
この時から どんな情報でも ご奉仕について調べて少しずつ学んでいった
相手を要する行為であっても 他の誰かの汚いペニスを口に含むことなどできないし そんなことは望んでいない
妄想に妄想を重ねていくしか方法はなかったが それでも必死だった
そんな時間が過ぎて ようやく今のスタートラインに達することが出来た

今私は 御主人様の清いペニス様にご奉仕させていただくことが至福だ
これからこの先ずっと 御主人様のペニス様以外のペニスを咥えることはない 仮にあったとしたら その時は 命を捨てることになり 交わることでもあろうことなら その場で命を絶つことになる
御主人様が 私の決意を聴いて下さったうえで 

そのようなことがあったら お前を殺すぞ

と 仰ってくださった
私は はい と返事を申し上げたが 感動して身体が痺れて直ぐには声が出なかった
私にとって 御主人様の手にかけていただけることこそ本望なことはないのだ
叶うならば そう在りたいと望むほどに 私にとって御主人様はすべてであり 私は御主人様の所有物なのだ

奴隷は 御主人様の排泄のために存在する
奴隷は 御主人様の悦びのために存在する
奴隷は 御主人様の幸せのために存在する
奴隷は 御主人様の健やかな日々のために存在する

御主人様の奴隷として 生涯を生きる私は しっかりと地面に足をつけて独りで立っていられるように心身を強く持たねばならない
御主人様の大切な方々は私にとっても大切な方々であり 
私自身の望む幸せのすべては 御主人様へのご奉仕から頂けるもので自発的に望んで手に入れられるものではなく 御主人様を想う奴隷の心と行動に比例される
御主人様は 簡単に奴隷を破棄することが出来るということを理解した上で 
私の存在は 現実にはないものとし影なる存在として御主人様をお慕いし続ける
御主人様の寵愛を絶えず受けたければ どんな逆境にあっても努力を惜しまず前進することである
時には 嵐のような逆風が 人を強くするものだ
いかなる時も 御主人様が困窮されることがあってはならない
奴隷に甘えは許されない
私は 高貴な私の御主人様に相応の賢い奴隷でいたい
御主人様に 簡単に手放されない奴隷でいたい

破棄されれるという恐ろしさを思えば 
怖いものなど何もない













スポンサーサイト

COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。