FC2ブログ

I'm dying to meet you.


身も心も きちんとした奴隷としての心構えが出来るようになると 
きっと もっともっと いい奴隷になれるのだろうと気持ちばかり焦っていた頃を通り過ぎたようだった
感情のコントロールが出来てきていると感じる
年齢のせいか 涙もろくはなったが 怒りや憎しみ焦りなど そういった感情をコントロール出来ている
思えば 御主人様は私が奴隷としての務めを怠った時にしか 怒りの感情をお持ちにならなかった
5年の歳月の中でも 思い当たる節がない

冬 御主人様をお迎えに上がって 強風のため電車は待ち合わせの時間から3時間近く遅れてしまった
電車でお越しになった御主人様は まったく不平を仰らず 挙句 お迎えに出向いた私が 車のバッテリーを上げてしまうという事態にも 御主人様は 怒りを表すこともなかった
御主人様は 本当に素敵だ
私は 生まれて初めて怒らない大人を見た

一昨日 久しぶりに撮っていただいた
目の前には御主人様がいらして カメラのレンズが向けられている
一気に体温が上がるのが分かる
御主人様が私のオナニーする姿を見てくださっている
身体が熱い とても熱い
嬉しくて仕方なかった
誕生日プレゼントにいただいた首輪を鎖のリードで引いていただけることも嬉しくて仕方なかった
御主人様のしてくださるイラマチオは 奴隷の私には特別なことで いつしていただいても感激する
でも 今はご奉仕をさせていただいて ご奉仕の快感を覚えてしまった私は ご奉仕をさせていただけること自体 私の特別な特権であるのだと よく理解することができた
ご奉仕をさせていただく瞬間は 本当に気持ちがいい
上下の唇が 御主人様のペニス様を包み込んで這う瞬間
亀頭を舌先で感じる瞬間
ペニス様を下から舐めあげる瞬間
おまんこから たくさんの涎が垂れていることを感じ取る間もなく いつまででも御主人様のペニス様に ご奉仕していたい
御主人様が高まって使っていただく瞬間は 信じられないほどに格別に幸せである
御主人様が休まれる時に 傍らに抱いていただけることも本当に特別なのだということも奴隷の特権なのだということが今になってよく理解できた

奴隷には さぼる暇も 休む暇も 落ち込む暇もない と書いたが これで良いというゴールもない
奴隷に必要なのは 従順さはもちろんのこと 懸命に努力する姿勢 立ち止まらない心だと思う
惜しみない努力はすべて御主人様の悦びに繋がる
御主人様の信頼と愛情に繋がる
期待を裏切らない精神と肉体 賢さと美しさ いやらしさ きめ細やかな気遣い
すべてを備えられるように 外面も内面も磨いていかなければ奴隷は失格
どんな苦労があったとしても 私は御主人様の一番の最高の奴隷になる
私のすべてを捧げて
それが 私が産み落とされた意味だから
私のすべてだから

御主人様が恋しくて恋しくて仕方ない
もう5年 変わらず 御主人様が恋しくて仕方ない
逢いたくて逢いたくて胸が熱い
私は 御主人様に選んでいただくことが出来て 命を助けていただいたのだ
この命を懸けて 御主人様にお仕えして生きていく

御主人様は 本当に素敵だ
御主人様が恋しい
御主人様が恋しい

淋しいと思うのではなく
そんなことを考えている間にも 恋しい御主人様を想って 懸命に努力をするのが いい奴隷への道だと思う













スポンサーサイト

COMMENT


↑