FC2ブログ

切ない香り



御主人様が 私の体調不良を叱ってくださって
私は 御主人様にお尻を叩いていただいていた
いつになく 御主人様が近く 嬉しさのあまり とても興奮していた
おまんこは 当然のように びっしょりと涎を垂らした
私は 御主人様に抱えられるような格好で
御主人様の手が 私の尻をパーンと叩いてくださる感覚を
一瞬でも逃さぬように神経を研ぎ澄ませて感じ取っていた

ほかの誰が 御主人様をどう思っていたとしても
私には 御主人様は 崇高で誇り高く 崇拝に値する方である
御主人様に 飼っていただいている奴隷の私は
稀であり 世のどんな奴隷よりも 何倍も何百倍も努力をせねばならない
私は御主人様のものであり
私のすべては 御主人様のものなのだから
御主人様悦びこそが 私の悦びであり 私の幸せであるから
御主人様と私は 一体なのだから

家に戻って 髪に手が触れて揺れた時 御主人様の香りが漂った
御主人様の香りに包まれて なんとも言えない幸せに浸った

御主人様の夢を見て 今夜も眠る





スポンサーサイト

COMMENT


↑