FC2ブログ

影炎



先回の逢瀬から2週間が過ぎた
私は いつもの場所に向かうため
電車にゆられている

肉体は疲れきっているのに
変態奴隷の私は 御主人様と御主人様とのお時間への欲求を抑えきれないでいた

頭の中で 御主人様に踏みにじっていただいている
その瞬間のことを妄想している
イラマチオしていただくことも私は大好きで
考えるだけで興奮する

この世の中に
私と同じ嗜好の女がいるのだろうか

私は 御主人様の手によって本来の姿を引き出していただき ひた隠しにしてきた本性と
気がついていなかった未知の自分をカタチに現すことがかなった

今や 私は御主人様と御主人様のご調教なくしては
生きてゆけない
もちろん
生涯 お仕えしたいと 深く願って
努力を続けていく心積りでいるのだから
そうありたいと
御主人様の自慢の奴隷であれるようにと
懸命に生きている

人々の顔を見て
私の様に 生き生きと 飼っていただける
運の良い女が 本当にいるのか
まだまだ 若輩者の私に 見抜くことは出来なかった

人は みんな 何かを隠している

きっと

それが何かは知る由もないが


私が最大に幸せだと言いきれるのは
どちらの私をも理解下さる
御主人様に 飼っていただいている
飼っていただくことがかなった
1度きりの人生で それがかなった
それに尽きる














スポンサーサイト

COMMENT

- 主人

忘れるな。
大事にすることだ。

2015.08.25(Tue) 01:17 | URL
御主人様 - 望月繭子*

はい。
御主人様。

大事にいたします。

ありがとうございます。

2015.08.25(Tue) 01:21 | URL

↑