FC2ブログ

月 満ちて、

数日前の満月
歩きながら月を仰ぎ見た


天から降る月光は
生きとし生けるもの すべてに
平等に降り注いでいるのに
私の足元だけは 照らされていなかった

溜息は 寒さで白く目に映る

日々に希望などなく
ましてや
未来に希望や光は見えなかった


落ち込んでいると
暗い影は さらに私を追い込んでいった


御主人様のお傍へ
参上することもかなわぬ今
淋しさで 存在さえ消えてしまいそうで
涙が溢れて止まらなかった


この先生きていていい事あるのかな


そう言って
両手で顔を抑えながら
未来への不安を訴えても
耳を傾ける者はなかった



淋しさに押し潰されそうで
独り立たずんでも

私の足元に 月光は降りてこなかった












スポンサーサイト

COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。