FC2ブログ

想い出ぽろぽろ

もう遥か昔のことで
何年ぶりのことか
思い出すこともできない




仕事が連休だった今日
早朝から身支度をし
実家に向かって足を運んだ




曇天の空は
田舎の淋しい街並みを
さらに淋しくして見せた


目に映るものすべてが
セピア色に染まって 
時間さえ止まって見えた





電車を3本
その後 
弐両編成の気動車に乗る

懐かしく見慣れた街並みから
バスに乗ろうとあたりを見回したが
バスらしきものもなく
声をかけようにも
言葉を失った姿の老人しかいなかった






ターミナルに居合わせた
タクシーに乗り込み
行先を告げ
眠りに就こうとしたところ
下品に笑う運転手が
しきりに話しかける


自分で質問をしたことで
田舎での私の家柄が判明した途端に
急に控えめになり
言葉遣いさえ変わった



気にしているのも無駄なので
窓の外のセピアの景色に目をやって
目頭を熱くしていた




街の景色も匂いも風も
変わっていなかった






私は家を出た身であり
容易に敷居をまたぐことを赦されるわけでなく
玄関で立ちつくし
出迎えを待った






少し小さくなった父が現れ





入れよ





ひと言言った






うん





もう二度と受け入れてもらえないと思っていた生家

涙の対面となった









帰宅すると
連休であっても私に休みはなく
直ぐに仕事に入る






結果
御主人様からいただいたmailを確認することもできず




数か月ぶりの逢瀬を
自ら
逃してしまった








生きる意味を手にしたように見えた その日に
生きる意味を
失くしてしまったようだ












スポンサーサイト

COMMENT


↑