FC2ブログ

腱鞘炎と仲間の温かさ

今日は
週に一度の休み





都内に面接に向かった








イタリアンとスパニッシュ








日曜の夜
退社する時の
オーナーのひと言が
赦せなかった





元々
私をいじっては笑い
私も平気な顔をして受け応えた






もう無理だと思ったのは
金さんが言った言葉









私はひさみちゃんを無視したり返事もしなかったり料理も運ばなかった
それでもオーナーは私を宝と言ったの
私は無断欠勤をしたけれど 私は一度も責められたことがないのよ









金さんは嬉しそうに言った








ロクに仕事もしない



ディナーのタイムカードは
いつも
16:58
夜の責任者でも
オープンの準備をしたことがなかった






シワ寄せは
すべて私に来る










イタリアンもスパニッシュも
私を雇う前提で
話を進めてくれたので
スムーズだった








左手の腱鞘炎は酷く
トレイは
お冷がふたつほど
カプチーノを運ぶためには
慣れぬ右手に持ち替えて
運んだ



言うことを聞かない左手に苛立った











電車に揺られて
イベリコに到着すると
クミさんと望月さんがカウンターに座って
私を呼ぶ









このところ
とても仲の良い3人








望月さんは
潔癖で
母親の握ったおにぎりでないと
食せなかったり
人が一度箸をつけたものは
一切手を付けなかった








既婚者ではあるが
クミさんには心を開いていて
クミさんも望月さんとの関係を
心地よく思っているようだった




恐らく
プラトニックが守られているからだと
私は思う








望月さんは同い年だが
結婚歴はない






母親が


子供を産める人と結婚して



言っているらしく

ましてや
週6で働き
休む時間さえない彼に
婚期などなかった









それでも



俺の次に酷い目に合っているのは この人だよ






望月さんが言ってくれた時には
見てくれている人は見てくれているのだ


そう思った








3人の時間は
とても楽しく




ふたりが近くに感じられた












帰る頃に
御主人様から








電話しなさい








ご連絡をいただくことができた







御主人様とのお電話は
1か月半ぶりで


お店の2階にあがって
直ぐにお電話をさせていただいた









御主人様のお声は心地よく
私を別の世界へと連れて行った


うっとりとしながら
御主人様のお言葉のひとつひとつに
耳を傾けた










御主人様に
この奴隷を味わっていただきたかった





思い切りキツく乱暴に犯していただきたかった











腰が抜けるほど お前を犯したい









そのお言葉が
私を奮い立たせた











お前は誰のものだ




御主人様のものです











私が如何なる時も どんな環境に身を置いても
変わらないことは



私自身が
御主人様のものであるという

その事実








それが私










御主人様に味わっていただきたく

今宵も
御主人様の夢を見る



















スポンサーサイト

COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。