FC2ブログ

絶対的な安心感

お前には絶対的な安心感と大きな快楽を与えている









御主人様が
私に仰ってくださった言葉





このお言葉を
私は
感動しながらも
受け止めきれていなかった



とうよりも
理解しきれていなかった








勿論
意味は解る





御主人様が
どれほどのことを仰ってくださって
私を大切にしてくださっていること
強く伝わったが
それでも
愚者の私は
不安を隠しきれなかった









その不安とは
暇のなせる業で
時間があればあるほど
つまらないことを
考えるのだ








眠れない夜と
時間が有り余っている時には
ロクなことを考えない
という
習慣がついてしまっていたから
私は
心の淋しさから
こういった面でも
御主人様に
大きなご迷惑をかけてしまっていた








そんな私を
御主人様は
叱られることなく







強くなれ









激励してくださったのだ








私は
御主人様のように
度量の深さを持った方と
未だかつて
出逢ったことがなく


また
御主人様が
私を大切にしてくださるお気持ちを
受け止める力のない私は
本当に愚者で
クヨクヨ泣いた






本当に
情けない
つまらない奴隷だった




奴隷として飼っていただくことの
意味をはき違えると
こういうことになる







奴隷とは
自立して
自分の足で立っているもの


何にも寄りかからず
誰の力も借りず
強い心と
強い躰

御主人様が
絶対的な安心感を与えてくださるのと同様に
私も
御主人様にお仕えするにあたって
絶対的な信頼は勿論のこと
不変不動の服従心も
感じていただくことが
先ず
第一なのだ









いかに
奴隷の自分が
奴隷の分際で
御主人様に大切にしていただいているのか
強い理解の上で
お仕えせねばならない








もう愚者は卒業して
賢者として
いい奴隷になるのだ











御主人様の奴隷として



















スポンサーサイト

COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。