FC2ブログ

御主人様しか存じ得ない

一年の空白の間




たった一度
過ちを犯しましたが
オナニーさえ
最初の数か月
数える程度にしたほどで

それまですべて
御主人様の御命令なくば
行わなかった行為







おまんこを濡らしてしまうということも
なかった




御主人様の元では
いつでも
おまんこから涎が垂れ
糸を引くほどだったのに
長い間
乾いたままだった









後ろ向きに四つん這いになって
両手でおまんこを開き
御主人様に
見ていただく





私の躰は
熱く火照り
御主人様に見ていただいてるという
その視線で
私は御主人様に犯していただく




僅かにも
御主人様が私の躰に触れることなく
私は悶え喘ぐ


おまんこからは
長い長い涎の糸が
ベッドまでのびている









みられているだけでいきなさい








御主人様が
私のお尻をパーン!と叩いてくださった瞬間
私は歓喜の声をあげて果てる




久しぶりの感覚だったのに
ブランクをものともしなかった









私は
御主人様の視線で犯していただく
その事実を
取り戻りたことを
実感した時に
強く胸を打たれたのです








私は
紛れもなく
御主人様の専属奴隷であり
御主人様の専属肉便器なのだ









私は
御主人様の奴隷になるために
この世に
産み落とされた








それが

本当の私

















スポンサーサイト

COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。