FC2ブログ

御主人様の元へ

午後から
雪の予報


日中
物件を見てまわる

職場がお世話になっている
不動産業者


服飾物が多い私は
広く手ごろな物件を探した



気がかりになるのは
声が漏れること


もしも
部屋に
御主人様がいらっしゃって
犯していただくことが
叶った時に
私の歓喜に喘ぐ声が
隣人に漏れてしまうのではないかということ


外見がだいぶ古いが
リフォームされた
角部屋を見つける


職場の
目と鼻の先


近すぎると思うが
この職場は
それくらいでないと
務まらない



御主人様に
ご報告すべく
物件のコピーをもらい
部屋を見せてもらって
いつもの店で
御主人様からの
mailをお待ちした




1900〇〇駅にきなさい



学生時代
よく来た街




今宵
この街で
御主人様に
犯していただくことが叶う



今の私には
足枷はない

一年前なら
危険と隣り合わせだった




身一つ



御主人様に
犯していただける喜び



少し淋しい
ベッドタウンで

御主人様が
お越しになられるのを
ほろ苦い
コーヒーを飲みながら
お待ちする




私は
自らの足で
自らの力で
御主人様の元へ向う



御主人様の専属奴隷として

御主人様の専属肉便器として





ブランクから
二度目の逢瀬です










スポンサーサイト

COMMENT


↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。