FC2ブログ

影炎



先回の逢瀬から2週間が過ぎた
私は いつもの場所に向かうため
電車にゆられている

肉体は疲れきっているのに
変態奴隷の私は 御主人様と御主人様とのお時間への欲求を抑えきれないでいた

頭の中で 御主人様に踏みにじっていただいている
その瞬間のことを妄想している
イラマチオしていただくことも私は大好きで
考えるだけで興奮する

この世の中に
私と同じ嗜好の女がいるのだろうか

私は 御主人様の手によって本来の姿を引き出していただき ひた隠しにしてきた本性と
気がついていなかった未知の自分をカタチに現すことがかなった

今や 私は御主人様と御主人様のご調教なくしては
生きてゆけない
もちろん
生涯 お仕えしたいと 深く願って
努力を続けていく心積りでいるのだから
そうありたいと
御主人様の自慢の奴隷であれるようにと
懸命に生きている

人々の顔を見て
私の様に 生き生きと 飼っていただける
運の良い女が 本当にいるのか
まだまだ 若輩者の私に 見抜くことは出来なかった

人は みんな 何かを隠している

きっと

それが何かは知る由もないが


私が最大に幸せだと言いきれるのは
どちらの私をも理解下さる
御主人様に 飼っていただいている
飼っていただくことがかなった
1度きりの人生で それがかなった
それに尽きる














スポンサーサイト



蝉の声



世の中が急に秋めいていた
蝉が 夏が終わってしまうのを恐れるように
一斉に声をあげて鳴いている
湿気を帯びない空気を 深く吸い込んで
電車に乗り込む

御主人様のおそばに飛んでゆきたい気持ちでいっぱいだった
御主人様に 願い乞うて許しをいただく

私は 変態奴隷である
5年目を半分ほど過ぎて その自覚が大きく深まった
御主人様以外のほかの誰でも 私を理解して
解放してくださる方はいない
私自身 御主人様以外のほかの誰でも 触れられたくないし ほかの誰に対しても おまんこは熱い涎を垂らさない

惨めな野良猫の私は 御主人様の手によって
汚れを消しつつある

飼っていただいて間もない頃の 自分を思い出した

長い髪に パーマをかけてみたり
お化粧をしっかりするようになったり
たくさんの下着を集めたり
奴隷らしく 美しく見えるような洋服を集めたり
必死だった

心の持ち方も 奴隷として幼かった
本当に恥ずかしい

それでも
努力の上に 御主人様のご慈悲の上に 今がある

私は 御主人様に見守られて
いい奴隷になる

さらなる いい奴隷になる

御主人様の 悦びのために 私は生きる


私のすべては 御主人様のものだから

















↑