FC2ブログ

腱鞘炎と仲間の温かさ

今日は
週に一度の休み





都内に面接に向かった








イタリアンとスパニッシュ








日曜の夜
退社する時の
オーナーのひと言が
赦せなかった





元々
私をいじっては笑い
私も平気な顔をして受け応えた






もう無理だと思ったのは
金さんが言った言葉









私はひさみちゃんを無視したり返事もしなかったり料理も運ばなかった
それでもオーナーは私を宝と言ったの
私は無断欠勤をしたけれど 私は一度も責められたことがないのよ









金さんは嬉しそうに言った








ロクに仕事もしない



ディナーのタイムカードは
いつも
16:58
夜の責任者でも
オープンの準備をしたことがなかった






シワ寄せは
すべて私に来る










イタリアンもスパニッシュも
私を雇う前提で
話を進めてくれたので
スムーズだった








左手の腱鞘炎は酷く
トレイは
お冷がふたつほど
カプチーノを運ぶためには
慣れぬ右手に持ち替えて
運んだ



言うことを聞かない左手に苛立った











電車に揺られて
イベリコに到着すると
クミさんと望月さんがカウンターに座って
私を呼ぶ









このところ
とても仲の良い3人








望月さんは
潔癖で
母親の握ったおにぎりでないと
食せなかったり
人が一度箸をつけたものは
一切手を付けなかった








既婚者ではあるが
クミさんには心を開いていて
クミさんも望月さんとの関係を
心地よく思っているようだった




恐らく
プラトニックが守られているからだと
私は思う








望月さんは同い年だが
結婚歴はない






母親が


子供を産める人と結婚して



言っているらしく

ましてや
週6で働き
休む時間さえない彼に
婚期などなかった









それでも



俺の次に酷い目に合っているのは この人だよ






望月さんが言ってくれた時には
見てくれている人は見てくれているのだ


そう思った








3人の時間は
とても楽しく




ふたりが近くに感じられた












帰る頃に
御主人様から








電話しなさい








ご連絡をいただくことができた







御主人様とのお電話は
1か月半ぶりで


お店の2階にあがって
直ぐにお電話をさせていただいた









御主人様のお声は心地よく
私を別の世界へと連れて行った


うっとりとしながら
御主人様のお言葉のひとつひとつに
耳を傾けた










御主人様に
この奴隷を味わっていただきたかった





思い切りキツく乱暴に犯していただきたかった











腰が抜けるほど お前を犯したい









そのお言葉が
私を奮い立たせた











お前は誰のものだ




御主人様のものです











私が如何なる時も どんな環境に身を置いても
変わらないことは



私自身が
御主人様のものであるという

その事実








それが私










御主人様に味わっていただきたく

今宵も
御主人様の夢を見る



















スポンサーサイト



御主人様のペニス様

この世の中で
私の一番好きな
愛しい愛しい御主人様のペニス様








跪き
御主人様のお御足から
靴下を脱がせていただく



御主人様の
足先が私の口元に運ばれる






うっとりしながら
御主人様の足の指に吸い付く私


一年ぶりのお御足へのご奉仕









快感だった








嬉しくて嬉しくて夢中になった










前よりうまくなったじゃないか









ありがとうございます









御主人様にお褒めいただけたことが
くすぐったく嬉しかった










ご奉仕していた
お御足が
私の頬を撫で
そのまま私の顔を床に促し
思い切り踏みにじってくださる









御主人様との逢瀬は
一ヵ月ぶりだった








逢瀬が叶ったことさえ胸が躍ったのに
こんなにも踏みにじっていただける幸せ











御主人様のペニス様は
ため息が出るほどいい香りで
熱く、かたい





私が咥えこんできた
どのペニスもかなわない









時間をかけて丁寧にじっくり
ご奉仕をさせていただく







おいしい

おいしい








たっぷり口に含み
喉の奥までペニス様を舐めあげたり
舌先をとがらせて
根元から亀頭まで舌を滑らせる

亀頭を舐めあげるときには
快感が全身を走った








一切手を使わない ご奉仕は
御主人様に飼っていただいてから覚えたこと



長い間
うまくできなかった










どうすれば俺が気持ちいいか分かってきたな









御主人様は
そう仰って
私を抱きかかえるようにして
私の口の中で果ててくださいました











またブランク前のように

わたしのおまんこを
御主人様のペニス様の形に







奴隷の
我儘な願いです


















御主人様の元へ

週に一度の休日



先週は
職場のみなの手伝いにより
引っ越しの一部を終えた



今日は朝から
歯医者で抜歯

親不知に奥歯が押されて
割れてしまっていた

致し方ない



歯医者を終えて
衣類などを運び込む




今日はお仕事はございませんよね??



私の職場を知る医師は聞く




恐らく




私は答えた




一人で引っ越しなんですが




ご多忙ですから
無理のないようにお願いしますね





モーニングmailの際に
御主人様にご報告させていただいた通り
ことは進み
私は衣類をクリアケースへと
整理していた。





1600に〇〇に来られるか?




はい 迎えます




御主人様からのお呼び出しです




整理していた手を止めて
電車に乗り込みます。




御主人様から
お預かりしている
調教道具を持って




御主人様の元へ










人生は戦場

目が覚めると
毎日毎日
全身に痛みが走った


頭の先から足の先まで
気が付くと
左手の手首は腱鞘炎


右足の指の付け根は外反母趾




肩こりが酷く
吐き気と頭痛



右手の親指の爪は
剥がれてボロボロだった






もう限界だと思い
今日は
まみさんにもらった
医療用の湿布を貼る







肩が凝っていても
腰が痛くても
我慢せざるを得なかった










本当に難しい職場だ









ホールでも
キッチンでも
誇りを持てる仕事が出来るようになったと思うと
思った途端に
希望の芽は摘まれた









気分屋のBoss






振り回されるのは従業員だった









今日から
スタバで働いていたという
新人が出勤する





忙しくなると
構ってなどいられない







無関心を装うしかない

私にできることは
一生懸命
仕事に挑むこと










心に余裕のない職場








イライラすることを
抑えることで精一杯だ










どうしても辛ければ

御主人様にきつく犯していただいている時のことを
思い返して
うっとりしていよう











お前は俺のものだからな










そう仰っていただいた時の
喜びを
思い返して
うっとりしよう











さて
仕事に行こう


















気付き、奴隷の幸せ

奴隷の幸せとは
奴隷の快感とは


御主人様に
気持ちよくなっていただき
喜んでいただくこと


奴隷の幸せも快感も
この事実に尽きる







自らの
快楽を求めたり
自らの
淋しさを埋めるための
奴隷など



ただの愚者であり
奴隷ではない









煩悩を
そっくりそのまま表現し
求め、訴えること
お伝えすること
それらの行為は
愚かそのものであって

現在の私
過去から現在に至るまで
一貫した御主人様の
求める奴隷ではない









私の幸せは
御主人様に
きつく犯していただき
味わっていただくことも
勿論のこと

何よりも
御主人様に
気持ちよくなっていただくこと

とても
重要であり かつ 当然のことだ


















絶対的な安心感

お前には絶対的な安心感と大きな快楽を与えている









御主人様が
私に仰ってくださった言葉





このお言葉を
私は
感動しながらも
受け止めきれていなかった



とうよりも
理解しきれていなかった








勿論
意味は解る





御主人様が
どれほどのことを仰ってくださって
私を大切にしてくださっていること
強く伝わったが
それでも
愚者の私は
不安を隠しきれなかった









その不安とは
暇のなせる業で
時間があればあるほど
つまらないことを
考えるのだ








眠れない夜と
時間が有り余っている時には
ロクなことを考えない
という
習慣がついてしまっていたから
私は
心の淋しさから
こういった面でも
御主人様に
大きなご迷惑をかけてしまっていた








そんな私を
御主人様は
叱られることなく







強くなれ









激励してくださったのだ








私は
御主人様のように
度量の深さを持った方と
未だかつて
出逢ったことがなく


また
御主人様が
私を大切にしてくださるお気持ちを
受け止める力のない私は
本当に愚者で
クヨクヨ泣いた






本当に
情けない
つまらない奴隷だった




奴隷として飼っていただくことの
意味をはき違えると
こういうことになる







奴隷とは
自立して
自分の足で立っているもの


何にも寄りかからず
誰の力も借りず
強い心と
強い躰

御主人様が
絶対的な安心感を与えてくださるのと同様に
私も
御主人様にお仕えするにあたって
絶対的な信頼は勿論のこと
不変不動の服従心も
感じていただくことが
先ず
第一なのだ









いかに
奴隷の自分が
奴隷の分際で
御主人様に大切にしていただいているのか
強い理解の上で
お仕えせねばならない








もう愚者は卒業して
賢者として
いい奴隷になるのだ











御主人様の奴隷として



















↑