FC2ブログ

マストロヤンニ


6年前に貪るように読み込んだいくつかの本を今読み返している。

あの頃も繰り返し繰り返し読んでいたはずだが、それでも時を経て読み返してみると新たな発見もある。

あの頃は 何か自分が特別な者にでもなったかのように思えて浮かれたり必死だったり、さらには優越感に浸っていた。未知の世界に足を踏み入れることは、恐怖と喜びが共存していた。

あの頃の自分を思い返すと、顔から火が出るほどに恥ずかしい。それでも必死でいい奴隷になろうとしていた自分を否定しないでおこうと思う。


ひとつ読み返した本の エピソード27には私が経験したことと似たような文章が綴られており、登場人物も似ていて、一瞬ハッとさせられた。もしかしたら、大した出来事ではなかったかもしれない、それでも、そう思えるのは、今の自分だからであって、あの時間の自分には受け止めきれない何かがあったのだろう。したがって、今も時折その時のことを思い出すのだと考えている。

不快に思ったことも、あの場に居た人間の顔も、御主人様が私を大事に扱ってくださった事も、鮮明に覚えている、帰り道、どうにも割り切れない気持ちで、電車に揺られたことも。

本を読み返して、老紳士は元気かな、と思ったりもした。


あの時 未熟だった私は悲鳴を上げてしまった。御主人様に命じていただいたことであったのに、悲鳴を上げたのだ。

御主人様も恥ずかしい思いをされただろうと思うと、あの場が辛かったのであろうことも想像できる。腹をくくることもできなかったのだ。



あの本には世界に統一感がある。

本の言葉を借りて表現するのであれば、『ジャンル』達の統一感だ。そこにはジャンルに対する裏切りがない。だからこそ読んでいて陶酔する。

そして、何年経っても、読み返す度に、ある種の優越感と共に陶酔していく自分がいる。

6年前と明らかに違うことといえば、スイッチの切り替えだ。

その裏側には、奴隷となってフワフワ浮かれていた私に、御主人様が繰り返し教えてくださり、躾けてくださった事、『自立』がある。


御主人様の躾けは絶対であって、素晴らしいものである。

信じてきたからこそ今がある。


こんなに穏やかな心の日常が かつての自分に想像できただろうか...







スポンサーサイト



Te amo para siempre Dominante


御主人様のスーツ姿は いつも素敵 
ネイビーの光沢のある生地のスーツはとてもお似合いで大好き
幾度お姿を拝見しても 溜息が出てしまう
女なら誰でも 男性のスーツ姿や専門職ならその制服など 胸を打たれることがあるだろう
御主人様は そんじょそこらのスーツを纏った ただのビジネスマンとはわけが違う
本当に なんて素敵なんだろうといつも思う
週末に 御主人様が多忙な中もお越しくださった
ご命令いただいたように オナニーをさせていただきながら御主人様をお迎えする
とても興奮する瞬間だ
ドアの鍵は開いている
もしも 御主人様でない誰かが入ってきてしまうかもしれない というスリルもある
個人の部屋であるから 見知らぬ誰かが突然侵入してくることはないにしても いつでも緊張する
バタン!
と 玄関のドアが開いて 御主人様がいらしてくださる瞬間 空気が変わるのが分かる
私も一層緊張し 全身が熱くなる
御主人様に 髪を鷲掴みにしていただける瞬間
前職で短くカットしてしまったので 久しくしていただけなかった
鷲掴みにしていただいて 引いていかれると 御主人様の持ち物である実感がグンと大きくなる
嬉しい
悲鳴のような声が上がる
御主人様の香りが 部屋中に漂い気を失いそうなくらい いい香りだ
恋しくて恋しくて 夢にまで見る御主人様が 私を味わってくださる

朝 味わってやっても 昼にはもう味わってもらいたいと思うのがお前だ そんなことは解っている

私は 御主人様の仰る通り いつでも御主人様に味わっていただきたい
狂おしいほどに御主人様が恋しいのだ
飼っていただいて間もない頃には スパンは決まっていて 距離も今より何倍も間隔があった
今 この恵まれた環境に本当に幸せを感じる
ご奉仕の悦びを知って 私はご奉仕に夢中になってしまう
何度も綴るようだが 唇が口内が舌先も舌の腹も気持ちよくて仕方ない
こんな間隔は味わったことがなかった
御主人様に飼っていただく前の私は フェラチオ自体 上手くできず苦戦ばかり
御主人様に躾けていただくまでは 何もわからずただただ口を上下に動かしていた
今 ご奉仕の悦びは特別だ
ご奉仕をさせていただいている私が いってしまいそうになる
御主人様に悦んでいただきたい
今の私は それだけで その塊だ

ひとりでいる間に どんなことでも努力し手を抜かずに自分を磨きたい
素敵な女になって いい奴隷になりたい
公私の私の姿を御主人様だけが理解してくださって 私を飼ってくださるのだ
暗闇に引き籠るように生きていた私が ここまで這い上がれたのも すべて御主人様の躾けがあってこそ
御主人様に相応しく 賢く そして謎めいて妖艶にいやらしく
いい奴隷になりたい

前エントリーにも綴ったが 奴隷は一人で過ごす時間にこそ 成長するために必要な術を身に着けられる
その姿勢は 御主人様に悦んでいただけるものだと信じて ひたすらに

孤独を孤独と捉えず 自分の味方にすること
訓練を続けたい










風に乗る

寒い夜が続き
それも手伝って
原因不明の体調不良が続いた

GWは 脚がもげそうな程忙しく
頑張りがあっても
コック見習いに お前はいらない と罵られた

人手がなく 必死にもがくも 上司達の機嫌に振り回され
体調不良など 訴える隙間はなかった


御主人様にお仕えしていく上で
私は きちんと自立した身でいるために 仕事を続けたいと思ったが
このままでは お仕えすることも ままならず
ご不便ばかりおかけしてしまう

なんとかせねばと思うが
先ずは 体調不良をなんとかしないと

酷務を乗り切っても
御主人様の奴隷である私に なんのメリットもないのだ










晴れた日、最後の休み

母と初詣に浅草寺へ


雷門前待ち合わせ




どれくらいぶりに母に会うのか
母は小さくなりシワが増えていた

あまりの人混みに互いを見つけられなかったが
文明の利器は
待ち合わせ時間に遅れることなく
母と私を引き合わせた





お腹すいたよ!
でも 先にお参りをしてからにしよう

そうだね





母が家を出た時に私はついていかなかった
母の手助けはたくさんしたが
父を一人きりにすることが出来なかった




物凄い行列の中を挫けず歩き
浅草寺の本殿の中でお参りをしてお守りを買った


些細なことでも
久しぶりに肉親と再会することは嬉しかった




演芸場から奥に入った商店街にある
大きな靴屋さんの中で
御主人様からのmailを受けて
私の心は踊った



御主人様からいただくmailは
いつも私の心を踊らせてくれる

御主人様との会話が
何より嬉しかった




こんなに休んでしまうと
もう二度と あの過酷な勤務に戻れない気がした





何より
御主人様が恋しくて仕方なかった

最後の逢瀬から約二週間
私の体は満たされることを知らなかった

直ぐに疼いてしまう



御主人様のおそばに飛んでゆきたい
御主人様のお足元に跪きたい
いたぶられ
なじられたい
御主人様にお喜びいただきたい


御主人様に
存分に犯していただきたい



神様にさえ 願う










miracle moon

今宵は miracle moon だそうでした




Dinner Open前に 他店舗へ荷物を運ぶ最中
望月さんとの 日課の会話





今日のニュースは??





うーん 今日はあまり面白いのがないよ





ないの 





あ miracle moon だって





なんだろ お月様見えないからわからないけど








その時の会話を思い出して
家路の道中
携帯で月の写真を数枚撮影する



当然ながら
月はグリーンピース位の大きさにしか写りこんでくれない

それでも 綺麗な月だということは よくわかった





体調は最悪
喉風邪を引き 咳が止まない
日曜には 指を切り 大量の血を流しながら
ピッチャーサングリアを作った

私の流血を見て

sangria=血

という意味だと言いながら
オーダーを通したリサが私からピッチャーを受け取っていった





私は暫く リサに頼まれて切った指
とふざけていったが
正しくは リサにピッチャーサングリアを頼まれて切った指
である



指は1.5倍に腫れた





なにをやってるんだ
と思いながら
ガサガサに荒れた手を眺めた







眠い目をこすり
欠伸を殺し
傷だらけの掌を隠しながら
重い腰を上げて
明日もまた出勤する





不安定な心と
不機嫌な躰






願いが叶うのなら
今直ぐ 御主人様の腕の中に飛び込んでゆきたい














↑