FC2ブログ

self control

人は、
 
おだやかになればなるほど、
 
より大きな成功、
 
より大きな影響力、
 
より大きな権威を手にできます。
 
 
 
ごく一般の商人でも、
 
おだやかさを身につけるだけで、
 
商売が確実にうまくいく
 
ようになります。
 
 
 
なぜならば、
 
人はおだやかになればなるほど、
 
正しい判断を下す確率を
 
高められるからです。
 
 
 
と同時に、人々は、
 
ほとんど例外なく、
 
おだやかで冷静な人の
 
そばにいたいと考えるもの
 
だからです。
 
 
 
そしてもう一つ、おだやかな心は、
 
自己コントロールを通じて鍛えられた
 
強い心であるからです。
 
 
 
人々は、
 
真におだやかな人と接すると、
 
その人の強さを自然に知り、
 
その人が頼れる人間であることを
 
感じ取ります。
 
 
 
おだやかな心は、
 
自己コントロールをねばり強く
 
行ない続けた人だけが手にできる、
 
知恵の宝石です。
 
 
 
自分の心を
 
コントロールし続けることで、
 
私たちはまず、
 
自分の心の状態と、
 
周囲で発生する出来事が、
 
密接に結びついたものであることを
 
実感し、その結果として、
 
周囲で発生する出来事
 
のすべてを、原因と結果の観点から、
 
より正しく眺められる
 
ようになります。
 
 
 
そうなると、私たちは、
 
不平をいったり、腹を立てたり、
 
悩んだり、悲しんだりする
 
ことが極端に少なくなり、
 
 
 
より落ち着いた、
 
より安定した、
 
よりおだやかな心の状態を
 
保てるよういなる、
 
というわけです。
 
 
 
自分をよく観察し、
 
自分の人格の中から、
 
欠点を一つ一つ
 
ねばり強く取り除く努力を
 
してみてください。
 
 
 
それを続けることで、
 
あなたは、自分の欠点に
 
対する勝利を、一つ一つ
 
積み重ねていくことができます。
 
 
 
その勝利を一つ手にするごとに、
 
あなたのおだやかさは増していきます。
 
 
 
そしてそれが、
 
持続的な要素としてあなたの
 
人格に加わるのです。
 
 
 
あなたはやがて、
 
おだやかな人間に成長し、
 
どんな状況下でも冷静さを失わず、
 
自分が行うべきことを常に完璧に
 
行えるようになるでしょう。
 
 
 
【出典】 ジェームズ・アレン
 
スポンサーサイト



月 満ちて、

数日前の満月
歩きながら月を仰ぎ見た


天から降る月光は
生きとし生けるもの すべてに
平等に降り注いでいるのに
私の足元だけは 照らされていなかった

溜息は 寒さで白く目に映る

日々に希望などなく
ましてや
未来に希望や光は見えなかった


落ち込んでいると
暗い影は さらに私を追い込んでいった


御主人様のお傍へ
参上することもかなわぬ今
淋しさで 存在さえ消えてしまいそうで
涙が溢れて止まらなかった


この先生きていていい事あるのかな


そう言って
両手で顔を抑えながら
未来への不安を訴えても
耳を傾ける者はなかった



淋しさに押し潰されそうで
独り立たずんでも

私の足元に 月光は降りてこなかった












彼方

星が綺麗な夜でした

よく見ると オリオン座


遠く離れていても
同じ空の下に 御主人様も私も存在していて
御主人様の仰る通り

私は御主人様のものなのだから
いつでも御主人様のおそばにいるということ

それは紛れもない事実



御主人様に逢いたい







心が死ぬ

生きているのが辛い

心が死んでしまいそう






そう思うときもある
















夕陽

いつか
見た夕陽

綺麗な夕陽を見て

いつも
御主人様に
写真を
御送りする

御主人様から





同じ夕陽を見ている






御返事を
いただく

わたしの
心が
ほころぶ

いつでも
御主人様と
見ている景色は
同じ

いつでも
御主人様と
見ている未来は
同じ

夕陽は
御主人様と
わたしを
つないでくれる

御主人様と
わたしは
数々の
夕陽を
見つめてきたから

そっと
このまま
ずっと
このまま

御主人様を
想って

夕陽を見て
御主人様を
想って・・・















↑